スポンサーリンク
Pocket

重曹とセスキ炭酸ソーダの違いって?シャツの汗ジミやニオイがするワイシャツをしっかり落としてくれるものは?

7ce5d841f92d12c7336131f7dc8112ce_s

そこで気になったので調べてみました。

 

セスキ炭酸ソーダは、重曹に比べて水に溶けやすいから洗濯後、衣服に粉が残る心配もありません。

衣服につく脂や血液、汗などタンパク質汚れを落とす力が重曹の10倍もあるので

綿100%の洗濯物についた汗、皮脂、ニオイなどが取れないとお悩みの方は一度セスキ炭酸ソーダを使ってみてください。

特にお父さんの加齢臭でお困りでしたらおすすめ。

 

セスキ炭酸ソーダを使って、より落ちやすくするためは?

夜寝る前に洗濯機に衣服とセスキ酸ソーダを入れて、60秒ほど回してからつけ置き

翌日の朝、普段洗濯するように行って下さい。

※つけ置きする際に、色落ちしてしまうもの、化学繊維、ウールなどのアルカリに弱いものはオススメできません。

87b3121e9d0dbb15aa02138c6e31b3c6_s

 

洗濯では、すすぎもそれ程必要がないので節水対策にもなります。

 

 

重曹とセスキ炭酸ソーダの違いから使い方をまとめると

重曹は台所掃除、鍋などの焦げ落としに向いています。

セスキ炭酸ソーダは洗濯物に向いています。

 

「セスキ炭酸ソーダは、洗濯槽洗いに向いているの?」と疑問が出たので調べてみました。

洗濯しながら同時に洗濯槽の汚れを落としてくれるならセスキ炭酸ソーダはいいなあ~と思いましたが

調べたら、洗濯槽掃除には力不足みたいですね。

酸素系漂白剤を使うことをおすすめします。

 

 

セスキ酸ソーダはどこで売っているの?

通販サイトでしたらアマゾンや楽天でも購入することができます。
値段もそれほど高くなく1キロあたり500円程。

ホームセンターや100円ショップなどでも手にはいります。
また、アルカリウォッシュという名称でパッケージされている場合もあります。

より詳しく、セスキ酸ソーダを使った掃除術を知りたい方は

コチラの電子書籍を読むとわかりやすいと思いますよ。

 

スポンサーリンク