ホットケーキ 前日に焼いたものを美味しく頂くコツ

スポンサーリンク
Pocket

ホットケーキ 前日にたくさん焼いてしまったことってないですか?

お休みの日に子供達がホットケーキを自分たちで作ると
意外と分量が多くなったりしてたくさんの生地ができてしまいます。

翌日にレンジでチンするとなんかベチャってしたり
逆に温めすぎると硬くなったりしてしまう。

なんとか美味しく頂くコツはないのか?

a0960_005984

そしたらパン屋さんで硬くなったパンを美味しく焼くコツを書いたメモを見つけて
もしかしたら?ホットケーキでもうまくいくのでは?と思い試してみたら意外とうまくいきました。

つまりトースターで表面をカリッと焼くこと。

ポイントは霧吹きなので少しだけホットケーキの表面に水分を湿らすこと。
あまりやり過ぎるとベチャっとなってしまいます。

またホットケーキ自体元々パンよりは柔らかい生地で焼くので
水をつけなくても外がカリッとして中はふんわりした感じになりますよ。

トースターの時間は厚めのトーストを焼くときぐらいの3分がおすすめ。

もちろん最初は6分以上の所にタイマーを廻してから
3分の目盛りに合わせて下さいね。

※タイマーがちゃんと操作するように5分以下の時間で焼く場合は
どのメーカーのトースターでも6分の目盛りまで廻すのが必要です。

そうしなかった場合は終了の合図の「チン!」というのがならなかったり
タイマー自体がうまく作動しないことがありますから決まりを守って下さいね。

外がカリカリ、中がふんわりのホットケーキの食感て意外と美味しいですよ。
一度試してみては?

スポンサーリンク