沖縄マラソンは、那覇マラソンでない! さらに沖縄で走る際に服装に気をつけること。

スポンサーリンク
Pocket

沖縄マラソンは、那覇マラソンと思っている方も多いと思いますが、ご注意下さい。

沖縄で開催される市民マラソンはいくつかありまして、有名なのが那覇市をスタート・ゴール地点に南部を走る「NAHAマラソン」。(毎年12月初旬開催)

そして沖縄市、うるま市、北中城村(きたなかぐすくそん)を中心に走る「おきなわマラソン」(毎年2月中旬開催)あります。

ですから、沖縄マラソンと言うと、沖縄に住んでいる方では「おきなわマラソン」と答えます。

どちらも特徴があって、高低差の少ないNAHAマラソンはスタートの合図がピストルではなく万国津梁(ばんこくしんりょう)の鐘を鳴らします。
そして南部の海沿いやさとうきび畑に囲まれた道路を走る部分もあり、景色を楽しんだりできます。

おきなわマラソンも、さとうきび畑沿いを走る部分もありますが、沖縄の嘉手納基地内を一部走るコースや瑞慶覧という地区はアップダウンが激しくて有名です。

沖縄で走る際に服装に気をつけること

どちらもで開催される冬場というイメージで厚着を考える方が多いです。

しかし沖縄の12月はとても暖かく、平均気温が20℃ぐらいです。
ただ、風が強く吹きつける所が多く、海沿いや山沿いでは体力を奪われることも考えると
抜いだりしやすい薄めのウィンドブレーカーを用意するといいですよ。

また、おきなわマラソンは2月に開催されますがこの時期は天候が激しく変化し
雨が多くなりやすかったり、逆に日中暑くなったりするので半袖の服装と長袖の服装
どちらも用意したほうが安心。(雨対策としてポンチョもおすすめ。)

とにかくおきなわマラソンの場合アップダウンが激しいので体力消耗しやすいので
もし、応援で家族が付き添いで一緒に行くときは着替えを持って折り返しなどのポイントで着替えたほうがいいです。

スポンサーリンク