実家のリフォームと相続税の基礎控除と課税対象について

スポンサーリンク
Pocket

2015年1月から相続税が増税されるので
気になっています。

実は夫の両親と同居が決まり
実家を二世帯住宅にリフォームを考えているのですが
その際に相続税の基礎控除はどうなるか?

相続税の基礎控除改正について

・2014年12月31日まで
基礎控除の上限は5000万円+(1000万円×法定相続人の数)
・2015年1月1日から
基礎控除の上限が3000万円+(600万円×法定相続人の数)
税理士の方に相談した所
大まかに知る方法を教えてもらいました。
自分が持っている財産

・不動産
・生命保険
・銀行などに預けている貯金など

この総額が5000万円を超えているか?
もし5000万円を超えた場合は課税対象になる可能性がある。

それで判断をするといいそうです。
またもう一点注意して欲しいのが
相続前に現金で住宅のリフォームをした時
遺産分割のバランスが崩れるそうです。
さらに不動産に関しては
固定資産税評価額を参考にすると言いそうですが
それぞれのご家庭で異なるので
より詳しいことは税理士さんに相談したほうがいいですよ。
でも、いきなり税理士へ相談すると
相談料がとられるかも?と悩む人も多いかもしれませんが
市町村で毎月悩み相談で税理士さんが
無料で疑問や相談にのってくれるサービスがあります。

詳しいことは住んでいる市町村のホームページや
代表番号に連絡して電話口でそのことを尋ねると
担当の課に電話をつなげてくれます。

スポンサーリンク