スポンサーリンク
Pocket

歌い手さんのライブのチケットがやっと取れ、いよいよ初参戦することが決まった時って
眠れないくらいうれしいですよね。わかります!

『ホールでの、座席のあるコンサートは観たことがあるけど、ライブハウスって初めてなんだよね…』
ライブハウスでの、オールスタンディングライブに初めて参戦する、あなた!
どんな服装で、何を持っていけばいいのか、迷っていませんか。

そこで今回は、ライブに行くときの服装や、持って行くと便利な持ち物など
気をつけた方がいいことなどライブ経験者の私がご紹介しますね。

歌い手のライブに着る服装は何がいい?

『大好きなバンドに会えるし、おしゃれしたほうがいいよね?』

答えはノーです。

ライブハウスでのオールスタンディングライブは
例えるならばぎゅうぎゅう詰めの満員電車です。

演奏が始まれば、観客はヒートアップして、もみくちゃになります。
ものすごい熱気です。汗をたくさんかきます。

おすすめの服装は、Tシャツにデニムといった、ごくシンプルで動きやすい格好です。

足元は、ぴょんぴょん飛び跳ねられるように、もちろんスニーカーです。

Tシャツは、歌い手さんのTシャツを着ると気分が上がるでしょう。

絶対に、スカートやヒールはやめてくださいね。
スカートは周りの人に引っかかる上に、めくれてしまいます。
ヒールだと、他の人の足を踏んでしまうかもしれませんよ。

 

汗でびしょびしょになることを考えると
ライブ会場近くにある女性専用のゲストハウスや
カプセルホテル、女性専用のネットカフェを予約していると安心です。

ライブが終わッた後の時間までシャワーが使えるか?
予約する前にかならず確認してくださいね。

 

ライブが終わった後の汗や着替えの事を考えると
遠くから来る方は1泊するか?シャワーが使える場所を確保することを
持ち物だけでなく知っておいてください。

歌い手のライブで知りたいマナーや雰囲気

ライブってどんな感じなの?他にはどんなことに気をつければいい?

●髪が結ぶ
髪が結べる長さの女の子は、できるだけ低い位置に髪を結ぼう!

髪をおろしたままだと、ばさばさして周りの人に迷惑をかけます。
ポニーテールのように高い位置で結ぶと
後ろの人の顔にかかってしまうのでNG

髪を首に密着させるように結ぶのがベストです。

 

●帽 子
たまに会場内でかぶっている人を見かけますが
ライブが始まって、腕を突き上げたりすると、引っかかって床に落ちてしまいます。

踏まれてしまう上に、かがんで拾うことができません。ぎゅうぎゅう詰めだからです。
ライブが始まる前にロッカーに預けましょう。

 

●タオル
汗をたくさんかくので、タオルは必須です。
迷子にならないよう、マフラータオルを首に巻くのがおすすめ。

夏場は冷えピタを首筋に貼るのと暑さ対策になりますよ。

 

●寒い時期のセーターなど
寒い時期だからと、セーターなど着たままライブが始まると
次第に暑くなって脱ぎたくなります。

しかし周りと密着しているので脱げませんし
うまく脱げたとしても荷物になって邪魔です。

初めからTシャツ等の薄着で参加するといいですよ。

 

●痴 漢
あってほしくないですが、とにかく密着しているので
痴漢行為を働くやからがいるかもしれません。要注意です。

不安に思う方は、一緒に行く友達と相談したり
こういう痴漢抑止バッチというグッズもあるので参考にされてみて下さい。

缶バッチは針があって危険なのでTシャツの背中に
ステッカーを貼るのもいいですよ。

NHKのあさイチでも紹介された痴漢抑止バッチ、痴漢抑制ステッカーで
そういう行いをする人に対してハッキリとした意思表示をすることが大事です。

歌い手のライブ時にバッグは持っていっていいの?

『仕事が終わってから、まっすぐ会場に行くから、大きなバッグなんだけど、大丈夫?』

ライブ会場では、大きなバッグやリュックは邪魔になります。
ちょっとその辺に置いておいて、気づいたら置き引きにあったなんて話も聞いたことがあります。

あらかじめ、会場で身に着ける
ボディバッグやウエストポーチを用意していくのがおすすめ。

必要最少限の荷物と、貴重品だけをボディバッグやウエストポーチに移しかえて、
大きなバッグやリュックは前もってロッカーに預けましょう。

身軽な方が、ライブに集中できますよ。

 

歌い手のライブへ初参戦に関するまとめ

スポンサーリンク

ライブハウスでのオールスタンディングライブ、イメージできたでしょうか。
ライブが終わった帰り道、薄暗い会場では気づかなかったけど
明るいところで見たら、自分が着ていたTシャツと綿のパンツが
ぼさぼさの毛玉だらけで衝撃を受けた経験があります。

それくらい、もみくちゃになりました。

ラフな動きやすい格好で
必要最少限の荷物で参戦するといいですよ。

会場によっては、『ドリンク代別』で
入場時に500円程度のドリンク代が必要なこともありますから
すぐ渡せるようようにあらかじめ用意しておくとスムーズです。

初参戦のライブ、楽しんできてね!!

 

今回は歌い手のライブへ初参戦される方に
身に着けていく服装やマナー、こういう点に気をつけてねということを紹介しました。

 

当サイトでは他にもイベント、エンターテイメント系の記事がありますので
興味のあるタイトルがありましたら一緒に読んでみて下さい。

これからも生活の中でふと感じる疑問や最近話題になっていることなど
様々ジャンルからアドバイスやヒントを紹介していきますので
引き続き読んでいただければと思っています。

長文を読んでいただき感謝します。

スポンサーリンク