子供が朝ごはんを食べない時期があるので焦らないで。

スポンサーリンク
Pocket

子供が朝ごはんを食べない時期があるので焦らないで。

初めての子育てで一生懸命にガンバっているお母さん。
1,2歳の子供が朝ごはんを食べてくれない!
朝食は大切という情報に振り回されてませんか?

実は子供は本能的にパクパク食べる時期と食べない時期があるのです。
そのリズムを崩してしまうと・・・こんなことがありますよ。

今から40年前のお話です。

あるお母さんが急に子供が朝ごはんを食べなくなって
心配して、いろんなメニューを作ってあげるようになりました。
それからその子供はしっかりと朝ごはんを食べるようになり

朝はごはん、味噌汁、玉子焼き、焼き魚

という風に食事を続けたところ肥満になったそうです。

親が心配して、無理に朝ごはんを食べさせようとすると
子供は好きなメニューも嫌がり
せっかく好んで食べていたものまで口を付けなくなります。

しかも子供の食事量は親が思っている以上に食べれる量は少ないので
なるべく小さく、子供が食べやすい大きさにしてください。

例えば、果物が好きなお子さんなら
りんごをすりおろしたのでもいいですし
バナナならすりつぶしたり
うどんなら湯がいたものを2,3本でもいいと思います。

無理せず気長に朝ごはんを一緒に取りながら
親が食べている姿をみせるのも大切ですよ。

テレビでグルメレポーターが美味しそうに食べている姿を見てると
大人でもなんか食べたくなってしまうじゃないですか?

あれと同じように子どもと一緒に食事をすること
料理を作るのに一生懸命で
「できたら、ほら食べなさい!」と言ってませんか?

家族で「これ美味しいね。」「これは○○○ちゃんが好きな○○○が入っているよ。」
いろんな会話をして楽しい時間にしてみてください。

スポンサーリンク