炊飯器の保温機能は何時間まで信じたら?

スポンサーリンク
Pocket

少し仕事が忙しくなり、炊飯器に炊いたご飯を食べずに

外食をしていました。

 

このままでは大変だな。と思い炊飯器の保温時間を見たら

50時間の表示文字!!

 

えっ。 これって大丈夫かな?

 

心配しながら以前の炊飯器なら

2日経ってもカチカチで

それを雑炊にして食べたりしていたので

新しく買い換えした炊飯器も大丈夫だと思い

 

しゃもじですくってみると

なんかベタベタした感じ。

 

しかもカチカチはドコもなく

その代わりにヘンな臭いと共に

色も茶色く変色していました。

 

本能的に、これは危ないと思い

ビニールに入れて空気を抜き

「ゴミ」とマジックで書き冷凍庫に入れました。

 

味をする勇気はなかったのですが

あのベタベタ感とヘンな臭いで

傷んでいると思いました。

 

時期的にまだまだ暑い時期なので

炊飯器の保温は長時間行うことは避けたほうがいいかもしれない。

長くても1日(炊いてから24時間)までと考えたほうがいいですね。

 

寒い時期なら1日半でもいいかもしれないですが

我が家ではガスコンロの近くに炊飯器があるので

そういう熱が常にこもる場所なども考えると

あまり保温機能でずっとご飯を炊飯器に入れておくのも

傷みやすい原因になるかもしれません。

 

食中毒は、真夏よりも少し涼しくなった時期に

ちょっとした油断でなってしまうこともありますので

火をしっかり通したら早く食べて

残ったものはすぐに冷蔵庫や冷凍庫

 

こういうのをいつも意識して

おくといいかもしれない。

スポンサーリンク